読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すずき超え

はてなで炎上するのが夢です

書評:「ロンドンFX」を3回読んだ

最近のユーロ圏、というより欧米経済のおさらいもできる

書評、人物評をお読みいただく際のご注意こちらも合わせてご覧ください。短いです。 本は一般の人~中級者向けです。でも上級者の人も結構持ってる。 ロンドン在住の松崎美子さんは、最近特に注目を浴びている個人トレーダー。 その松崎さんの「ロンドンFX」、ファンダメンタルの基礎が身に付くので、オススメしたい一冊です。 3回読む意味は、 1.予習 ざっくり内容を理解 2.実験 書かれているアイデアと実際とを見比べる 3.復習 体で体験した事を元にもう一度読む で、今後、検証したり自分の新しいアイデアを思いつくタネにしたりと、使わせていただく予定です。 前回ご紹介した「東大院生が考えたスマートフォンFX」もそんな風に読んでます。 1446511111641-1545917697 Twitterもフォローさせていただいてます。 彼女のブログなどでの相場解説は、いつも本当にありがたいです。現地からですし。 その松崎美子さんの現在のトレードスタイルのまとめとして、この本を読みましたが、読みやすさとわかりやすさと内容の濃さのバランスにはびっくり。 2015年7月が第1刷です。 ユーロがそもそもスタートしたころから孕んでいた問題、これまでのECBの政策と理由、肌で感じていたからこそ書けた雰囲気。この空気を感じつつも、ユーロをはじめFXの近代史もおさらいできます。

テクニカル好きな日本人。東京時間付近は、ロンドン〇ク〇に狙われる

本にも書かれているように、日本の個人トレーダーはテクニカル分析が好きだなという印象をすずきも持っていました。 ここに一石を投じ、個人トレーダーもファンダメンタル、特に松崎さんがお住いのユーロ圏(イギリスは使用通貨はポンド)について詳しくなるチャンスをくれるのがこの「ロンドンFX」です。 ところで「ロンドン〇ク〇」というのは、2ちゃんねるで見つけた言葉。ロンドン市場のスタート時間になると、それまでまったりとドル円を買って稼いでいた日本人個人トレーダーが、いきなり売りを浴びせられたりします。 ロンドンのシティは、本にもあるように東京市場とは段違いの玉が動く市場。 大きい反転などは日常茶飯事ですが、その様子を乱暴者に見立てて、こう呼んだのかなと思います。 正直「くそー!狙われた!」と叫びたくなるような時が多いです。 (松崎さんがそうおっしゃってるわけではないですが、この本でロンドンのディーラーの生の様子がわかります) 1446514840026903395524 写真はFX攻略.com

新たなアイデアがいっぱい

ロンドン在住の個人投資家(元はシティの銀行のディーラー)の話そのものが貴重。 しかも松崎さんの情報発信は精力的で、そこらじゅうのメディアに寄港されてます。 わたしは教えてくれる人のいないままFXの勉強を始めてしまったと以前書きました。 そして海外の経済状況やどの指標がどんな風に受け止められ、どんな重要さを持っているかを理解するのに無駄な時間を使いました。 でも、インターネットでごちゃっと仕入れた情報をまとめるのにこの本が役立ったのです。 知らなかった指標トレードのコツ、気を付けるべき数字ごとの個性も見つかります。 これでまた沢山のアイデアが自分のものになりそうです。

読むとごちゃ頭がまとまる理由たとえばこの2つ

1.まずは、社会の教科書に書いてあったから分っているはずの以下の言葉…… 財政政策、金融政策 中央銀行の役割 このブログでは意味を書かないでおきますが、もちろん本には書いてあります。 近年の日本の「三本の矢」と一緒に考えると面白いです。 2.あと「米国の雇用統計」この意味は多く語られているが、なぜ、いつから注目されているのかはあまり言われていなかったのでは。 それもわかります。 また、通貨ペアを選ぶときは、強いものと弱いものを組み合わせるのは分っていますが、世界中の都合が一気に反映される為替市場では、簡単には判断できません。 そこで各国の金利差の使い方や、松崎さんのポジションの取り方が、とても参考になりました。 他に目次から、 昔の基軸通貨ポンドについて、マーケットが注目する経済指標は移り変わる、トップディーラーは欧州市場で稼いでいる、どのようなプレイヤーが主体なのかを推測する、英国経済を知るうえでカギとなる不動産市場、 などなど。英国の不動産の現状なんて意識しないと伝わってきませんよね。

松崎さんのブログを最新ニュース解説としてチェック

よく「経済ニュースは翻訳されるまでの時間、日本人は損をする」と言われます。しかし、 タイムラグがほとんどないニュース解説として、松崎さんのブログは強い味方になってくれます。

データ

とにかく、FX取引を「女の子も手に職をつけなきゃね」という場合の「手に職」と捉え、決してギャンブルにしていないこの前向きで楽しいお人柄が好きです。 本によると松崎さんはスイング~長期スタイル ファンダメンタルだけでなく、友人が使っていたという簡単なテクニカル分析も使用 ブログ 「ロンドンFX」 寄稿 FX攻略.com 2015年12月号 書籍「ロンドンFX」 松崎美子(まつざき よしこ) 自由国民社 (2015/7/8) ISBN-10: 4426119723 ISBN-13: 978-4426119720