読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すずき超え

はてなで炎上するのが夢です

子供(里子)を貰って育てても良いかどうか、考察

この記事を読み終えるまで、たった50分です。嘘です。

バズったらやだけどそう読まれてないから大丈夫

養子について書きます。 旧暦で年が改まりました。意外と世界中で旧暦なんですよね、新年って。 余談でした。 新年にあたりまして、ぐっと自分にしか書けないことを書いていこうと決めてみました。

決めてみただけなので、すぐ心を翻すかもしれませんねw どうですか、子供ができないと悩んだとしたら、またはすでに悩んでいるとしたら、養子をもらう可能性を考えたことありますか?

時代は違うが今でも起こりうる、変な親がやらかしたこと

すずきが鈴木家にもらわれたのは、地上波テレビが日本で普及するかしないか、くらいの時代。 まだ戦争の記憶を人々が痛々しく覚えていたんだろうなと、子供心に思ったことがあります。  

 

保守的な農村の鈴木夫婦は、夫側の理由のため幾度かの不妊治療も効果なく(ていうか、その頃もいちおう不妊治療があったと驚く)、子供ができませんでした。 いっぽうその頃、すずきを生んだ女性は、子育て環境が悪化したため里子に出すことを考え始めていました。

細かいことはめんどくさいので聞いてないのですが、まあそんなこんなですずきは、鈴木家に貰われることになりました。

 

生まれてすぐなので覚えていません。 (あとで精神的な影響は書きます) 鈴木夫婦の妻のほうが結構お花畑な人で、すずきが10歳になった誕生日、

「10ってキリが良いから話すけど、お前はよそからもらってきたんだよ。私たちに子供が出来なかったもんで、よく昔から1人もらうと、夫婦にもほんとうの子供ができるっていうし、だからもらったんだよ」

 

プレゼントと一緒にこの言葉を渡されました。 この人のおかしい点は今回、スルーします(笑)。

ここでどうしても、伝えたいのはこういうこと

ここで、経験者のすずきがお伝えしたいのは、貰いたいなら、いつか本当のことを言わなきゃ的なことをちゃんと考えとこうね、ということです。 または、最初から「あなたをもらってきて私たちは幸せよ」と言い続けて育てる覚悟があるかどうか、です。 なんで、言っても言わなくても、どっちでもいいんですが、手続き上高校入学のときにはわかるんじゃなかったかな、法律が変わってなければ。

 

 

いつか貰った子って知る、その子を本気を育てる気がありますか?ってききたいのです。

 

心理面でのフォローはきついですよ、ハッキリ言って。高校生といえば思春期ですよ。 もし「誘い水がわりに貰った子」のおかげで、本当の子供ができた後のことも考えて腹をくくってますか?って。(こんなもん迷信だと思いますが) 連れ子問題も似たようなもんかも、ですね。

これは建前だね、それか人種が違うか

世の中にはマザーテレサみたいな人もいますから、それなら安心です。 少なくとも養育者の人格面では。 「わたしたち夫婦は大丈夫です」 とかあまり考えもせずに速攻で答えちゃう人は、私は信じれないですけどね。 そんなもん建前でいい人ぶってるに決まってんじゃん。

 

あーブラッドピットとアンジェリーナ・ジョリー夫妻みたいなぶっとんだ例は、逆にもう呆れかえっちゃって許せる気はするw  セレブって割と養子もらうよね。

 

金あるしね。 知らない人のために、適当にみつけた記事 根本的に、環境やら信仰やらが違う人には、別に思った通りやれば良いんじゃない?って思いますが、日本ってなんか 「みんな同じじゃないとダメ」 って国でしょ。

最後には自力で差別を跳ね返すべきですが、貰うほうは、その子が差別の対象になるかもしれないのもあらかじめ想定しておかないとですよ。

精神面での影響

すずきはアスぺっぽい子でした。

 

それは貰われたのが理由じゃないんだろうと思います。 それとは別に、「今見ている世界がどうしても信用できない」ような「自分の場所が間違っている」ような感覚に襲われ、寝ていても何度も怖くて目が覚めました。

 

1歳だかそこらの時期に、知らない人が突然現れて 「私がお母さんよ」 とか言い張って、ついさっきまで抱かれていたお母さんはもういない。翌日も、その翌日も、本当のお母さんは居ない。そんななか、自分では何もできない幼児はパニックになったまま、偽物に養育されなくてはならないのです。

 

それがなくても、すずきは個性的な人物なんだろうとは思いますが、個性以前に、

  • ちょっとしたことで異常に驚く
  • 特定の出来事を異常に恐れる
  • 普通はやり過ごせることなのに怒り出す

など、情緒がまったく健全に育っていない状態が長く続きました。 いちおう、本当の親だとは、だんだん信じて行ったのですが、深層心理で「何かが偽物だ」という感覚は残っていました。

ほんとによく考えてください

 このような方は、思う存分、貰って育ててください。 あるわけないでしょ、みんな。 よお考えてくださいよ。

 

これ、私の知り合いで保育園を経営している人がいるんですが、その友人という方が、自分の子育てが終わったからといって、 「私の成長のためにも、もう一人育てたい。だからどこかから子供を貰いたい」 って言ったのだそうで、それに対しどうしてもモノ言いたかったのです。

 

すずき的経験をしたものからすると、むちゃくちゃ腹が立ちます、こんなオバハン。 自分が成長したかったら、いくらでも方法あるでしょ! 他人の人生を自分の成長に利用するな! ってね。 (たまたま人との関わりが自分の成長に役立ったのとスタートラインからして違うでしょ) 50分間お疲れ様でしたw