すずき超え

はてなで炎上するのが夢です

動画の「江戸怪談集」の宿直草ほかについて、補足

絶版の本「江戸怪談集」

これを動画で紹介させていただいたのですが、補足です。

この本は、1989年に初版が発行されました。上中下巻があります。

なので、動画では「引用」という形で紹介し、お話の内容は私が訳して話しています。(適当に)

原本を読もうと当たったら、文字が本気の古い文字だったので、読めずに断念しました。

宿直草(とのいぐさ)

f:id:nankasuzuki:20161020150025p:plain

萩田安静 著

五巻五冊

巻二と巻四を入れ替えたものは「御伽物語」で知られる。

開板(今でいう初版、版木を刷ることから)は延宝5年(1677)。先行していた「曽呂利物語」から題材を得たものもあるそうです。

 

著者は当時も先生と呼ばれていた文学者のようで、ところどころに文芸的な表現があり、レベルの高い読み物だと思います。話は幽霊や化け物だけでなく、単に風変わりな人の話なども収められています。

 

奇異雑談集(きいぞうたんしゅう)

f:id:nankasuzuki:20161022203001p:plain

編著者不詳

半紙本六巻六冊

貞享四年(1686)開板

原本(https://goo.gl/DwDle2

 

 

善悪報ばなし(ぜんあくむくいばなし)

編著者不詳

大本五巻五冊

元禄年間板行

開板は江戸の萬屋庄兵衛

義残後覚(ぎざんこうかく)

編著者愚軒

写本七巻七冊

時期不詳、文禄年間ではとのこと(1592-96)

 

動画こちらですhttps://youtu.be/QXWQRJPT3PQ?list=PL1WuyJpVfABRvyBJjsSLaGXarH9cf17OL

 

自分の覚書

新潟大学の図書館すげえ