読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すずき超え

はてなで炎上するのが夢です

「引き寄せDVD」の意味がわからなかったけど結局「正直爺さん」だとわかったから読んでね

今から書くことざっくり

1引き寄せDVDは「感謝しろ」「金持ちになった自分を想像しろ」「そうすれば本当に金持ちになる」と言っているようだが、どうしていいかわからないし、そんなんだけで金持ちになるわけねーだろと疑問だった。

 

2引き寄せDVDは100年も前に書かれた本、「富を引き寄せる科学的法則」をパクったものだった。

 

3この本を読んで解読すると、結局仕事を成功させて金持ちになるには、いつもニコニコ人と争わず、真面目に毎日の仕事を正直にしていれば良いのだ、と書いてあるだけだった。ってわかった。つまり…

 

4「正直爺さん」の行動パターンは「良いことがあったら神様のお陰だと感謝し、悪いことがあれば、自分の行いを正し、人と仲良く争わず、恨まずねたまずそねまずに、本分の仕事を怠らず騙さず搾取せず、悪いことを想像せず、不安がらず、毎日毎日福々しく過ごしている」って感じでいいでしょうか。

本には結局、こんな風に過ごせばお金持ちになりますよって書いてあっただけだった。

 

で、本をパクって出演者がセミナー商法で稼ぐために作ったようなDVDだったよな、あれって。って思ったのでした。でも良い内容ですよ。

 

引き寄せDVDとは

 

f:id:nankasuzuki:20161119150245j:plain

正式名称は、「ザ・シークレット」(THE SECRET)。何人かの引き寄せの成功者(DVD共同制作者たち)が登場して、「この法則を使って金持ちになれた」と証言するもの。

 

法則とは、

・感謝する

・自分がリッチになったことを「イメージ」する

というもの。

 

方法がこれだけで、肝心なことはサラッとしか言ってなくて、証言や再現ビデオの配分が多い。ことさら「一部の人しか知らなかった方法」とかもったい付けてからスタートする点が胡散臭いと言われてしまう。

 

とにかくこれが発売されるとブームになって、「引き寄せで金持ちになる方法のセミナー」が大繁盛しました。まさに「金持ちになるには、金持ちになる方法をレクチャーすべし」を地で行く出来事でした。(私は離婚後に知人が不憫に思ったのか、貸してくれてこの存在を知りまして、意味が知りたくて繰り返し見ました。勇気が出たのは良かったのですが、やり方はやっぱりわかりませんでした)

 

引き寄せDVDスタート時のえぐい噂

引き寄せDVDを発案した人は、権利関係でもめたらしく出演はしていません。名前を失念しましたが、ご夫婦でバスで米国を回って引き寄せの法則について説いて回っていたという方。

ご主人がすでに亡くなられたらしいので現在は、どうされているか私にはまだわかっていません。調査不足ですみません。

 

何がえぐいかというと、このご夫婦はアムウェイのトップクラスの売人だったらしいんですね。

こういう話になると必ず出てくるアムウェイですが、ここは化粧品や洗剤をネットワークビジネスによって売っている会社です。ギリギリ合法なのですが、当然ながら一歩間違えばネズミ講になる危険性を秘めた方法です。

アムウェイの売り口上と、引き寄せの法則のフレーズがよく似ています。合法とはいえ「口先のうまさでその気にさせて商品を売る、売り子に仕立て上げる」と思われても仕方ないシステムだし、売り口上なんですよね。

 

ここが難しいところで、良いこと言っているのにアムウェイかよ、って思っちゃうんです。まあ、結局このご夫婦はさっき書いたようにDVD制作からは手を引いたようです。

引き寄せの法則」も、「富を引き寄せる科学的法則」からヒントを得た的な表現をしていますが、うがった見方をすれば(この古い本をちょっと装飾してオリジナルみたいにして売り出したら売れるぞ)と考えたかもしれないのです。

 

「富を引き寄せる科学的法則」に書いてあること

f:id:nankasuzuki:20161119150418j:plain

この本は、「誰がやっても同じように豊かになれるから、その方法を書きます」という本です。成功例のほかに、具体的な方法や間違いやすいことが書かれています。

これを、結局私は「正直爺さん」だなと結論したわけです。

こんなことが書いてあります。

 

・宇宙を形作っているのは、ひとつの物質である(とりあえず突っ込むの待ってくださいねw)

・その物質は神そのものである、私たちも神なのだ、その神に欲しいもののイメージを伝えるとそれが手に入る

・手に入ったものは「受け取った」と神に伝えないと、神との繋がりが断たれてしまう、その方法は「感謝をすること」

・神は我々を通して、さまざまな体験をすることを望んでいるから、豊かになって体験をするのは良いことだ(貧困が美徳ではない)

 

・この法則を信じて、強い決意をもって不安がらず疑わずに、毎日真面目に働けばその仕事を通して、またはもっと良い仕事が見つかって、豊かさがやってくる。

・人と競争、人をだます、人を無理にこき使う、ことは神との繋がりを断ち、豊かさを創造するプロセスが止まってしまう。

・なぜなら、神はあなただけでなく、ほかのすべての創造物の発展と拡大を望んでいるからである。

・いつも繁栄の感覚を発信して、あなたと関わる人すべてがそれを感じるようにするのが、神とともに創造する方法である。(ニコニコと親切なよき人であること)

・貧困な人を救うには、一時的な娯楽を与えるのではなく、あなたの繁栄の感覚を伝えることで、彼らの中から「私にもできるんだ」という気持ちを呼び起こすべきだ。

・イメージといっても、ぼーっと想像しているだけではだめで、行動し働き、人と関わらなくてはならないし、オカルトな方法でものごとを現実化しようとしてはいけない。

・このように神といつも繋がり、真面目に働きつづければ、必ずお金持ちになる。

だいたいこんなんでしょうかね。

……。

はい、当たり前ですね。

 

その当たり前のことができずにみんな苦労している

真面目に働き、周りの人の悪口も言わず誰にでも敬意を払い明るく接して、前向きな考えを持ち続けるなら、引き寄せとかなんとか関係なしに仕事でも学問でも、家庭生活でもうまくいくでしょう。

 

ただ、実際にやってみようとするとむちゃくちゃ難しいのは誰もが感じるところではないでしょうか。

人を悪く思わずに、ちょっとの不正もせずに、今日やる仕事は休まず片づけて、競争心を持たず、は出来てる人ってあまり見たことないですが。私もできません。 

 

 思想、宗教との関係

f:id:nankasuzuki:20161119152950j:plain

冒頭の「宇宙はたったひとつのものからできている」という考え方は、一元論というそうです。それを信仰している人にとっては、証明されようがどうだろうが、関係ないのでしょう。

また、観察者によって物事のありようは違って見えるもので、まあ議論してもしょうがないよねと私は考えています。

(信じてないと望みはかなわないよ、という言い方が新興宗教やねずみ講の勧誘に使われやすい事実はありますが)

本には、ところどころに聖書の言葉が出てきます。たぶん、キリストが伝えたかったことの中にも、「必要なものは求めていいし、誰かが誰かの犠牲になるのは間違っている」という内容があるんだろうと思います。貧困を美徳とするのがとにかくいけないとすごく主張している点も、印象的でした。

 

(何度かチャレンジした聖書の読解は挫折しました)

 

本のタイトルで気になるのは「科学的」という部分。これが上梓されたころは、すでに宗教の記述の中に「非科学的」なものがあると人々が感じ始めていた時代だったでしょう。

 

この本の書かれた時代として「科学的だよ」(原題ではscience)と言い切るほうが信用されやすかったのでは、と思います。スピリチュアルな面ばかりに気を取られないようにとの警告だったかもしれませんし。

 

結論:どお?正直爺さんだったでしょ?

で、このブログのタイトルではDVDだけで理解できたように読めてしまったかもしれませんね。しかし、本を読まないとここまでは理解できませんでした。

 

そんなわけで、正直爺さんのように、真面目に正しく、周りの人に対してもいい感じに過ごしている人は、それ以外の条件が同じ人が並んでいても、出世しそうですよね。

(まあそこまで簡単じゃない世の中ではありますが)

とにかく「お金持ちになるのは環境ではなく、この方法を使っているかどうかだ」という内容が本の中にあります。

(単なる真面目だけだとだまされてしまいそうですが、信仰心が強く意思が固く、競争心や見栄のない人なら騙されにくそうです)

 

感謝するとなんで金持ちになるのか、全然わからなかったのですが、なんでもかんでも受け取ったものは(変なものでも)ありがとうという挨拶をすると、とりあえず精神が落ち着くなというのは実感しています。精神が落ち着けば、次の作戦も立てやすいわけです。

 

本には「神に受け取ったことを知らせるためだ」とあり、それで神との繋がりが保たれ、リッチな未来を創造するプロセスを続けることができると書かれています。

 

まあ、なんとなくわかる気もする。DVDよりは格段にわかった気になった。と正直に思いました。

 

感謝については、本のエピソードにこんなのがあります。

ある人が仕事を計画したが理不尽な内容で頓挫してしまった。しかしその人はそれでもそれを感謝し、毎日するべきことを信念とイメージを捨てずに続けた。しばらくすると、その計画がなくて良かったと思うくらいのデカい仕事が舞い込んだ

神に受け取ったと伝えること=感謝であると書いてありましたので、そのとおりに疑わずに実行したら本当にリッチになったということですね。

 

同じ環境なら、「俺は東大出てるんだよ!こんなせこい仕事やってられっか」とか言っている人よりも正直爺さんのほうが仕事貰えそうです。

 

本に書いてあるすべてを真似しようとしても、できないのですが、少しくらいは見習ってみたいなと思いました。

まあ、細かいところと、訳者のあとがきなどに突っ込みどころは多々あるのですが「良いこと書いてあるじゃん」ということで、結構気に入っている本です。くどくどと書いてあるけど、エッセンスは正直爺さんになりなさい、だと。

ただ、本一冊まるまる読んでもなお、正直爺さんのように生きられないものなんだな、人間って。しかも本が書かれて100年経ってるし、、、って普通に思いますが。

 

本とDVDデータ

THE SECRET ロンダ・バーン (出演, 監督), ボブ・プロクター (出演)  形式: DVD

2700円~

 

富を「引き寄せる」科学的法則 ウォレス・ワトルズ

Kindle版 238円

紙の本 475円

 

※中古本は1円からでした。DVDはあまり値崩れしていません。何度見てもどうしていいかわからないDVDよりも、一回読んだだけでどうすればいいか、とりあえずでもわかる本のほうが良いと思うのですが。もともと本をパクってるわけだし。何より安い。